ホルスタインは大阪にあるフォルクスワーゲン専門の修理工場です。
ワーゲンの事ならholsteinにお任せ下さい!

馬鹿な奴だとお思いでしょうが・・・・

DSC_0143.jpg DSC_0139.jpg



たとえば『空手バカ一代』のように、不器用ながらも一つの道を曲げずに歩き続けることで何らかのものを大成する、そのような姿をバカという例もある。「愚直の一念」といった表現もある。また、素直ではあるが気が利かないために役に立たない者は、しかしその真っ直ぐさのために何らかの感動を与える場合もある。

ややこしい考えやたくらみを練らなければ、生きてゆく上では失敗や損もあるだろう。特にだまされることはあるに違いない。「正直者が馬鹿を見る」との言葉もある。しかし、だますのは罪だがだまされるのは罪ではない(場合が多い)。このような馬鹿は、少なくとも正直者ではいられる。『イワンの馬鹿』や『雨ニモマケズ』はこの方向かと思われる。

やや似ているが、様々な状況を配慮し、それにそう形で物事を解決するような大人の判断に対して、それでは正義が真っ直ぐに貫けない場合がある。若者がそういった状況に耐えられずに真っ直ぐに進む様を「馬鹿」という例もある。馬鹿正直などは場合によってはこれを意味する。あるいは若者の暴発しがちなエネルギーをさして馬鹿という例もある。たとえば年を感じて「もう馬鹿はできないなあ」というのが逆説的であるがそれを示している。

他方、物事を考える力が弱く、うまく物事を進められない場合、様々な失敗をすることになるが、その姿は、むしろ色々なことに気を遣い、先を読んで動かざるを得ない社会においては、一服の清涼剤ともなるであろう。禅僧の一つの姿としての良寛などはこれに近い。バカボンのパパもそういう役割を担うことがある。

遠藤周作の「おバカさん」はキリストを模しているとされる。

なお、より大きな馬鹿は大物となり得る、といった表現は文学などで見ることがある。例えば司馬遼太郎は漢の高祖劉邦をそのように描いている(『項羽と劉邦』
                           
                        wikipediaより
[2010/07/16 12:50 ] | 修理 | コメント(1) | トラックバック(0)
| サイトトップへ | ブログトップへ |