ホルスタインは大阪にあるフォルクスワーゲン専門の修理工場です。
ワーゲンの事ならholsteinにお任せ下さい!

ちょっと大きいエンジン
041ヘッドはプラグホールのところが肉盛りされています。
鋳型のままなので、カブリの原因となる凸凹をチョコットだけならしてやります。
DSC_0666.jpgDSC_0667.jpg




これはデュアルスプリングにする為の加工です。
スプリングの選択はとっても難しいです。
やらか過ぎると回転にバルブの動きがついていきません。そうなると・・・・
堅過ぎるとフリクションロスが増え低回転でのパワーを食われてしまいます。
また、ノイズも大きくなり、バルブやシートへのダメージも大きくなります。

しなやかに。。。



しかし、これが後々に自分自身を苦しめることに・・・・・・
それはバルブガイドの交換。
ガイドボスの強度が極端に少なくなってしまっています。
割れたり、広がったり・・・・・
一長一短それなりにリスクは・・・・仕方ないか・・・
それなら、ボスを削る前にガイドを換えておけばいいのだろうが、
使える物を交換するのも勇気がいります。
DSC_0668.jpg

DSC_0670.jpg
HOLSTEINオリジナル スプリング&クロモリリテーナー by町内会


[2009/02/20 13:59 ] | 修理 | コメント(0) | トラックバック(0)
| サイトトップへ | ブログトップへ |